税理士です、人は見かけによりません


by haaapycl7t
 景気低迷の影響でサラリーマンの給与も減る中、顧客や利用者の「お褒めの声」を給与明細に掲載し、社員に読んでもらおうという取り組みが広がっている。

 企業に対する「プラス評価」を従業員にも伝え、仕事への意欲や自主性を高めてもらおうというのが本来の狙いだが、従業員の働きぶりを家族に知らせることで、家庭の円満にも一役買っているようだ。

 「1か月、ご苦労様でした」。全日空の羽田空港の格納庫で機体整備の仕事をしている小滝智也さん(47)は給料日、家に帰ると、妻の小織さん(49)に必ず給与明細を手渡して、こう声をかけてもらっている。昨年4月に電子明細に切り替わってからも、その日のうちに印字して手渡すという“儀式”は同じように続く。表紙に印刷されている「お客さまからの声」を小織さんが楽しみに待っているからだ。

 小織さんが特に印象に残っているのは、今年1月の明細にあった「不況で大変でしょうが、力を合わせて乗り越えて」という利用者の励ましの言葉。同社は昨年12月、機首から尾翼にかけて延びる青いラインが、モヒカン刈りに見える「モヒカンジェット」を20年ぶりに一部路線で復活させた。この利用者は「小学生の時、初めて乗った飛行機がモヒカンジェットだったのを鮮明に覚えています」と思い出をつづっていた。

 小織さんも職場結婚をして1997年に退社するまで約15年間、同社に勤務していただけに懐かしく、「こういう声を読むと家族もサポートしようという気持ちになります」と語る。

 同社は2004年10月から、この取り組みを始めた。

 同じ年の夏の甲子園で優勝した駒大苫小牧のナインが、地元に帰るため全日空機を利用した時、機内で「ただ今、深紅の大優勝旗も皆様とともに津軽海峡を越え、北海道の空域に入ります」というアナウンスがあった。これを聞いた乗客の感激の声が、給与明細に掲載された第1号になった。

 「マニュアル外のサービスを奨励するのか」。社内の一部からは戸惑いの声が上がったものの、数か月もたつと、各職場からエピソードの“売り込み”が続くようになった。「“褒める文化”を定着させたことで、サービスの現場で『こういうことをやってもいいのか』と自主的に考える社員が増えるようになりました」。同社の担当者はそう語る。

 今でも乗客から寄せられる声はクレームの方が多いが、07年4月の時点で全体の6割だったクレームが、09年3月には4割にまで減るなど成果も表れている。

 全日空の試みを知ったスーパー大手のイオンも、06年2月から給与明細の表紙に買い物客などから寄せられた声を掲載し、約7万6200人の社員が目にしているほか、一部の鉄道会社でも取り入れている。

核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)
「涙も出ない時間だった」水俣病訴訟ようやく和解(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成へ平沼氏と詰めの協議(毎日新聞)
[PR]
# by haaapycl7t | 2010-04-05 19:34
 総務省消防庁が開催する「小規模施設に対応した防火対策に関する検討会」(座長=室崎益輝・関西学院大学教授)はこのほど最終報告書をとりまとめた。小規模な社会福祉施設の防火安全対策の課題やその対応策を報告した。

 同検討会は、建物の一部を活用するなどした小規模な社会福祉施設の火災が続発したことを受け、2008年6月、その現状把握と対策の検討を目的に設置された。

 2009年2月の中間報告書では、施設関係者による防火安全対策の徹底や施設形態に応じた安全確保などの必要性を指摘。これを受け、今年2月5日に「複合型居住施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令」を交付、施行するなど消防関連法を見直した。

 また最終報告書では、昨年3月に群馬県渋川市の「静養ホームたまゆら」で起きた火災を機に議論した、未届け有料老人ホームなどの防火安全対策に言及。火災警報器の設置が義務化されていなかった300平方メートル未満の社会福祉施設などについても、今年4月以降に順次、連動型住宅用火災警報器が配備されることとなった。


【関連記事】
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案
介護施設の防火体制実態調査を開始―消防庁と厚労省
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホームの防火体制点検を―厚労省
未届け老人ホームの消防法令違反、依然高水準

水俣病 29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)
最近話題のタイ・バンコク「チャクリ・マハ・プラサート宮殿」謎の光!?
<損賠訴訟>重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院(毎日新聞)
[PR]
# by haaapycl7t | 2010-04-01 00:48
 全国14地裁で71人が国を訴えた障害者自立支援法の集団違憲訴訟は24日、さいたま地裁で初の和解が成立した。1次提訴から11カ月後に政権が交代し、判決前に国が法律廃止を表明した「行政訴訟史上まれな裁判」(竹下義樹・原告弁護団長)は、障害福祉法制を大きく転換させるきっかけとなった。だが、財政難を背に、持続可能な新制度を確立する道のりは厳しい。【野倉恵】

 障害者福祉サービスは03年度、利用者がサービス内容を選び事業者と契約する「支援費制度」に転換した。支払い能力に応じた負担となり「障害者の意見を国が相当くんだ、一つの到達点」(障害者団体幹部)と歓迎された。

 だが、サービス量の急増で初年度から100億円超の財源不足になり、06年度、1割を原則自己負担する自立支援法が導入された。

 所得保障が十分でなく障害が重くなるほど負担も重くなる仕組みだったため、年金や福祉手当に頼る障害者を圧迫。福祉施設を営む事業者も、定員に応じて毎月支払われていた報酬が、利用実績による日割り計算となり、経営を圧迫された。原告第1号の秋保喜美子さんは「障害を『自己責任』とみなす仕組み」と批判した。

 長妻昭厚生労働相は就任4日目に同法廃止を表明。訴訟を支える障害者団体幹部らと旧知の山井和則政務官が「私もこの法律施行後、施設経営者の親友を亡くした。共に新たな仕組みを考えてください」と原告側に語りかけ、交渉を始めた。厚労省は負担実態を初めて調べ昨年11月、障害者の87%で月平均8518円の負担増が判明した。

 昨年12月には10年度予算案での低所得者の負担無料化を巡り、弁護団が政務官室で詰め寄る場面も。結局、ホームヘルプや車椅子修理などは住民税非課税世帯で無料化されたが、手術などの医療費に負担が残った。

 先行きに不透明感も残り、訴訟終結へ見通しがついたのは、今年1月7日の「基本合意調印式」の1時間前だった。

 ◇財源確保が緊急課題

 支援法は当面、新制度ができるまで継続する。低所得者の医療費の無料化が緊急課題とされるが、約200億円の財源が必要だ。

 縦割りだった身体、知的、精神の障害福祉を一元化して、精神障害をサービス対象に加えた点は、「支援法の長所としてくむべきだ」との関係者の指摘はあるが、基本合意では「障害者の意見を踏まえることなく、拙速に」導入されたと自戒する。新制度は、障害者やその家族が6割を占める政府の「障がい者制度改革推進会議」が議論の場。制度の谷間をなくすため、難病や発達障害、高次脳機能障害などを含めるか、障害の範囲も再検討する。メンバーの障害者団体幹部は「私たちは政府を批判してきたが、今後は批判覚悟で、国民に共感される議論をしないと」と話している。

 ◇障害者ら「新法見守る」

 原告の障害者や支援者らは閉廷後の集会で「本当に障害者のためになる法律ができるまで安心できない」と声をそろえた。

 地裁近くであった集会には約320人が参加。原告の中村英臣さん(41)の母和子さん(69)は「ひどい法律が廃止されて新法が動き出すまで、しっかり見守りたい」と決意を語った。【飼手勇介、町田結子】

【関連ニュース】
障害者自立支援法訴訟:和解…負担ゼロ、母の願い
障害者自立支援法訴訟:国と初の和解…さいたま地裁
障害者自立支援法訴訟:来月21日に和解成立 東京地裁
障害者自立支援給付:新宿区が「65歳以上認めず」の内規
障害者自立支援法訴訟:東京訴訟、来月21日に和解成立

<友政懇偽装献金>首相元秘書、即日結審へ(毎日新聞)
<沖縄米軍ひき逃げ>女性3曹「基地内で飲酒」(毎日新聞)
桜と笑顔ほころぶ巣立ちの季節(読売新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ−警察庁の懇談会が提言(時事通信)
[PR]
# by haaapycl7t | 2010-03-29 21:50
 春の嵐が全国で吹き荒れた。交通機関が大きく乱れただけでなく、強風が原因とみられる事故で死者も出た。2010年3月21日も強風は続き、甲子園球場であった選抜高校野球大会の開会式で予定されていた仕掛け花火が中止になった。インターネットでも「風」に関する話題が吹き荒れている。

 3月20日には、千葉市で38.1メートル、東京都江戸川区で35.2メートルの最大瞬間風速を観測するなど、全国的に強風に見舞われた。空の便では、日本航空66便と全日空34便が欠航して計約1万5300人に影響が出た。鉄道ダイヤも、一部区間の運転見合わせなどで混乱した。

■強風下の野焼きで3人死亡

 同20日午前には、静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で、野焼き作業を行っていた、いずれも30代の住民男性3人が炎に巻き込まれた。3人は全身にやけどを負い、搬送先の病院で死亡が確認された。静岡地方気象台によると、御殿場市内では同午前、平均7〜8メートルの風が吹き、9時47分に最大瞬間風速16.4メートルを観測した。死亡した住民の中には、強風の中で野焼きを実施することに対し、出かける際に家族へ不安をもらしていた人もいたという。

 また、同20日13時頃には、北九州市小倉北区の無人有料駐車場で女性が首から血を流して倒れているのが見つかった。警察では、強風で料金支払機の屋根が壊れ、女性の首を直撃したとみて調べている。

 強風は21日も続いた。早朝の4時ごろ、京都市南区の高速道建設現場で、突風のため作業足場(高さ約17メートル)2基が倒れ電柱にあたった。この影響で周辺約200世帯に最大4時間の停電被害が出た。

■アグネス・藤あや子もブログ書き込み

 こうした混乱について、芸能人を含め多くの人がインターネットで現況を報告した。歌手のアグネス・チャンさんは3月21日、飛行機で広島に行くはずだったが、欠航便が出たので新幹線に切り替えた。4時間もかかるが、講演会には間に合いそうだとした。

 演歌歌手の藤あや子さんも飛行機で札幌に行く予定だったが、「羽田空港は 大変な事になっておりました」と21日のブログに書いた。結局、1時間遅れで搭乗し、なんとか予定に間に合いそうだとホッとしている。ほかに歌手の泉谷しげるさんが、強風にまつわる思い出話を書いてもいる。

 多くの個人ブロガーも強風に触れていた。「ちょっと怖かったわ。災害保険って、暴風対象だっけ?とか考えましたよ」「昨晩の雨と暴風の影響でものすごい風と濁りに加え黄砂で視界も最悪でした」といった報告が、多数見受けられた。中には、「今日は暴風警報の為イベントが中止になってとても、とても残念でした」という人もいた。

 多くのブログから話題のキーワードを探る「kizashi.jp」をみると、3月15〜21日に語られた「強風」は6669件、「暴風」は1431件に急増していた。「注目ワード」では21日に「竜巻注意報」が9位にランクインした。

 気象庁によると、3月20日に急速に発達した低気圧が日本海を北東へ進んだことが広い範囲に荒天をもたらした要因だ。21日夕にかけ、暴風や高波、落雷や竜巻の恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。


■関連記事
「マツキヨ」薬を売らない新店舗 「美容」で若い女性取り込み : 2010/03/19
生方民主副幹事長解任 蓮舫議員「違和感しか残らない」 : 2010/03/19
超マニアック「ローマ風呂マンガ」 マンガ大賞に選ばれた理由 : 2010/03/19
泉谷しげると「強風」 思い出した忌まわしい過去 : 2010/03/21
アマチュア無線愛好家も必見 身近だった「宇宙天気予報」  : 2010/03/19

西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出−低気圧接近、警戒を(時事通信)
使用済みトンネルをワインセラーに有効利用 神戸みのりの公社(産経新聞)
「キンドル」のベストセラー 「無料書籍」ばかりのカラクリ(J-CASTニュース)
<DNA>誤情報で逮捕状 登録データ別人 神奈川県警(毎日新聞)
強風 関東地方を中心に強い風 東京・調布で3人けが(毎日新聞)
[PR]
# by haaapycl7t | 2010-03-27 14:26
 原口一博総務相は19日の参院総務委員会で、国家公務員の天下り根絶に関し、民間非営利団体(NPO)や公益法人などへの出向を活用して各府省の職員の活性化を図る考えを示した。公明党の魚住裕一郎氏への答弁。現行制度では研究目的以外でこれらの団体へは出向できず、人事院規則などの改正が必要となる。
 公務員の身分を残したままの現役出向だと定年時まで退職手当を通算することもできる。政府は、NPOなどへの出向や早期勧奨退職を組み合わせた退職管理の基本方針を4月中旬にまとめる方針だ。 

【関連ニュース】
両院懇談会、4月1日以降に=自民
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
自殺報道の照会で陳謝=原口総務相
参院総務委への遅刻を陳謝=原口総務相

52歳小学教諭が卒業式練習で暴言「6年生は粗大ゴミ」(スポーツ報知)
<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
<名古屋市議会>予算案巡り32年ぶり会期延長へ(毎日新聞)
派遣法改正案を閣議決定=製造業派遣を原則禁止−政府(時事通信)
容疑の都立高教諭を逮捕=口論男性殴り、現金奪う−警視庁(時事通信)
[PR]
# by haaapycl7t | 2010-03-26 02:17