税理士です、人は見かけによりません


by haaapycl7t

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 自民党が今夏の参院選比例代表にプロ野球・巨人前監督の堀内恒夫氏(62)の擁立を検討していることが21日、分かった。同氏は巨人のV9時代にエースとして活躍し、通算203勝。04、05年には監督を務め、08年に野球殿堂入りした。

【関連ニュース】
趣味・スポーツ 『伝説のプロ野球選手に会いに行く【2】』=高橋安幸・著
堀内恒夫氏:自民 参院選比例で“巨人V9エース”擁立へ

また教会に消火器投げ込まれる…神戸で連続2件(読売新聞)
福知山線脱線 事故当時の車掌献花…「道義的責任感じる」(毎日新聞)
コラ!小学校でチューリップ200本折られる(読売新聞)
米兵家族の少年ら3人逮捕=タクシー強盗容疑−沖縄県警(時事通信)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-27 13:34
 平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催される奈良市の平城宮跡(特別史跡)で18日、地元住民向けの内覧会が行われ、約2万8千人でにぎわった。来場者は一足早くイベントの雰囲気を満喫したが、パビリオンの収容能力が低いため「楽しみにしていたのに入れなかった」といった苦情も相次ぎ、24日からの本番に不安を残した。

 内覧会では、奈良時代の平城京内の様子をバーチャルリアリティー映像で紹介する平城京歴史館や、復原された第一次大極殿のほか、世界各国の料理が楽しめるフードコートなどの各施設が本番さながらにプレオープンした。

 しかし、各施設やパビリオンはどこも長蛇の列となり、1時間以上も待つ人も。歴史館では、開館直後の午前9時ごろから入館希望者が殺到し、1日の収容能力いっぱいとなる3500人分の入場整理券は午前中になくなり、午後からの来場者は入館できなかった。

 歴史館に入れなかった奈良市西大寺野神町の主婦、松谷真紀子さん(38)は「一番楽しみにしていたのに残念。案内所も少なく、施設を探すのにも時間がかかった」と不満を漏らした。

 また、会場の入り口の朱雀門から第一次大極殿までは約1キロあり、遠さに閉口する人も。同市疋田町の主婦(60)は「休憩所が少なくて歩くのがつらい。暑い時期には、帽子やうちわを配るなどの工夫をしてほしい」と渋い表情だった。

 1300年祭では当初、9つのパビリオンが建設される計画だったが、不況で予算が圧縮され、実現したのは2館だけ。待ち時間などへの不評について、主催する記念事業協会事務局の田中敏彦副局長は「収容能力が限られているのは事実で、理解していただくよう努めたい」と話した。

【関連記事】
国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
仲代達矢、薬師寺で映画奉納式 5月公開「春との旅」
天皇の高御座…国家の意気込みも再現 平城宮跡で内覧会
外国人地方参政権問題に一石

首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
江東区で小学生の句集刊行(産経新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
V9巨人のエース堀内氏、自民が参院比例選に(読売新聞)
首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-22 22:56
 電車内の痴漢撲滅に向けた対策強化期間が始まり、警視庁は15日、JR新宿駅で出陣式をした。池田克彦警視総監は「非常に悪質な犯罪。撲滅しなければならない」と呼び掛け、駅利用客にチラシなどを配布した。
 式には中山弘子新宿区長、鉄道事業関係者ら数百人が参加。同庁マスコットの「ピーポくん」が痴漢対策の寸劇を披露したほか、同駅利用者の東京医科大学看護専門学校の女子学生3人が「痴漢は絶対に許さない」と宣言した。 

【関連ニュース】
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東

<スカイマーク>国交省に改善計画書を提出(毎日新聞)
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい−裁判員制度意識調査・最高裁(時事通信)
<殺人未遂>警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
<老後資金>日本人の4割が準備せず 1万人ネット調査(毎日新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-20 11:45
 大型スクーターで追い抜きざまにバッグを奪い、女性にけがをさせたとして、警視庁捜査3課などは13日までに、強盗致傷容疑で、横浜市旭区市沢町、会社員邑井祐介容疑者(31)を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 同課は同日までに、東京都内の金券ショップで偽名を使い、別の被害者からひったくった商品券などを換金したとして、詐欺容疑などで、同容疑者の元同僚でアルバイト店員の稲沢晋容疑者(30)=新宿区北新宿=も逮捕。ほかにも複数の処分役がいたとみて捜査している。
 同課によると、渋谷区や目黒区などでは昨年7月中旬以降、黒色の大型スクーターを使ったひったくり約50件(計350万円相当)が発生しており、関連を調べている。 

【関連ニュース】
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑
通帳詐取容疑で会社社長を逮捕=30口座以上を売却か
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円

普天間失敗なら内閣総辞職=渡部氏(時事通信)
<議員立法>民主党が容認 政府との合同審査条件に(毎日新聞)
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有(産経新聞)
河村名古屋市長 応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏(産経新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-13 22:43
 抗生物質が全く効かなくなった新たなタイプのアシネトバクター菌に感染した患者が、国内で初めて確認されたことが7日、分かった。海外で感染したとみられ、専門家はこうした多剤耐性菌が国内に持ち込まれて広がる恐れを指摘している。
 確認した千葉県の船橋市立医療センターによると、昨年7月上旬、米国の病院から転院してきた20代外傷患者の状態が良くならないため検査したところ、国内で使われているすべての抗生物質が効かないアシネトバクターが検出された。直ちに院内感染の防止策を取ったため、感染の拡大はなかった。患者はその後治癒し、退院した。
 アシネトバクターは皮膚や自然環境中に常在し、健康な人には無害だが、免疫力の落ちた入院患者に感染すると生命にかかわることもある。
 耐性菌に詳しい池康嘉群馬大教授によると、複数の抗生物質が効かないアシネトバクターは福岡大病院などでも見つかっているが、確認されたのはより耐性が強いタイプ。同教授は「今回は防げたが、海外から多剤耐性菌が持ち込まれ、院内感染が広がる恐れがある」と警告。海外の抗生物質の不適切な使い方が原因で誕生していると推測できるという。 

【風を読む】論説委員・松村雅之 理解しがたい異例会見(産経新聞)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
<たらい舟>ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
普天間移設で閣僚会議「考え方意思統一」官房長官(読売新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-08 21:18
 景気低迷の影響でサラリーマンの給与も減る中、顧客や利用者の「お褒めの声」を給与明細に掲載し、社員に読んでもらおうという取り組みが広がっている。

 企業に対する「プラス評価」を従業員にも伝え、仕事への意欲や自主性を高めてもらおうというのが本来の狙いだが、従業員の働きぶりを家族に知らせることで、家庭の円満にも一役買っているようだ。

 「1か月、ご苦労様でした」。全日空の羽田空港の格納庫で機体整備の仕事をしている小滝智也さん(47)は給料日、家に帰ると、妻の小織さん(49)に必ず給与明細を手渡して、こう声をかけてもらっている。昨年4月に電子明細に切り替わってからも、その日のうちに印字して手渡すという“儀式”は同じように続く。表紙に印刷されている「お客さまからの声」を小織さんが楽しみに待っているからだ。

 小織さんが特に印象に残っているのは、今年1月の明細にあった「不況で大変でしょうが、力を合わせて乗り越えて」という利用者の励ましの言葉。同社は昨年12月、機首から尾翼にかけて延びる青いラインが、モヒカン刈りに見える「モヒカンジェット」を20年ぶりに一部路線で復活させた。この利用者は「小学生の時、初めて乗った飛行機がモヒカンジェットだったのを鮮明に覚えています」と思い出をつづっていた。

 小織さんも職場結婚をして1997年に退社するまで約15年間、同社に勤務していただけに懐かしく、「こういう声を読むと家族もサポートしようという気持ちになります」と語る。

 同社は2004年10月から、この取り組みを始めた。

 同じ年の夏の甲子園で優勝した駒大苫小牧のナインが、地元に帰るため全日空機を利用した時、機内で「ただ今、深紅の大優勝旗も皆様とともに津軽海峡を越え、北海道の空域に入ります」というアナウンスがあった。これを聞いた乗客の感激の声が、給与明細に掲載された第1号になった。

 「マニュアル外のサービスを奨励するのか」。社内の一部からは戸惑いの声が上がったものの、数か月もたつと、各職場からエピソードの“売り込み”が続くようになった。「“褒める文化”を定着させたことで、サービスの現場で『こういうことをやってもいいのか』と自主的に考える社員が増えるようになりました」。同社の担当者はそう語る。

 今でも乗客から寄せられる声はクレームの方が多いが、07年4月の時点で全体の6割だったクレームが、09年3月には4割にまで減るなど成果も表れている。

 全日空の試みを知ったスーパー大手のイオンも、06年2月から給与明細の表紙に買い物客などから寄せられた声を掲載し、約7万6200人の社員が目にしているほか、一部の鉄道会社でも取り入れている。

核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
<水俣病>和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)
「涙も出ない時間だった」水俣病訴訟ようやく和解(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成へ平沼氏と詰めの協議(毎日新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-05 19:34
 総務省消防庁が開催する「小規模施設に対応した防火対策に関する検討会」(座長=室崎益輝・関西学院大学教授)はこのほど最終報告書をとりまとめた。小規模な社会福祉施設の防火安全対策の課題やその対応策を報告した。

 同検討会は、建物の一部を活用するなどした小規模な社会福祉施設の火災が続発したことを受け、2008年6月、その現状把握と対策の検討を目的に設置された。

 2009年2月の中間報告書では、施設関係者による防火安全対策の徹底や施設形態に応じた安全確保などの必要性を指摘。これを受け、今年2月5日に「複合型居住施設における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令」を交付、施行するなど消防関連法を見直した。

 また最終報告書では、昨年3月に群馬県渋川市の「静養ホームたまゆら」で起きた火災を機に議論した、未届け有料老人ホームなどの防火安全対策に言及。火災警報器の設置が義務化されていなかった300平方メートル未満の社会福祉施設などについても、今年4月以降に順次、連動型住宅用火災警報器が配備されることとなった。


【関連記事】
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案
介護施設の防火体制実態調査を開始―消防庁と厚労省
認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など
グループホームの防火体制点検を―厚労省
未届け老人ホームの消防法令違反、依然高水準

水俣病 29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)
最近話題のタイ・バンコク「チャクリ・マハ・プラサート宮殿」謎の光!?
<損賠訴訟>重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院(毎日新聞)
[PR]
by haaapycl7t | 2010-04-01 00:48